ファスティング

ダイエッター必見!ファスティングのダイエット以上の効果とは??

おはこんばんは!JUNです。

ママ
•ファスティングの効果って何?
•ファスティングってどうやってやるの?

こんな疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら実際にJUNがファスティングをして
体感をした上でのポイントをお伝えできるからです。

記事を読み終えると、今後ファスティングをするときに
最大限の効果を感じることができます。

ファスティングとは?

ファスティング(fasting)とは直訳で『断食、絶食』という意味です。
ですが、JUNがお伝えするファスティングとは
何も飲食をしないということではなく、
一定期間固形物を摂らずに過ごし、
本来の私たちの身体へ近づくことで
より健康な身体に改善することを言います。

なぜファスティングをするの?

私たちの身体は今まで食べてきた食べ物でできています。
何気なく食べている食べ物には農薬や化学肥料、添加物など
さまざまな化学物質が使われています

それは私たちの身体に大きな負担となり、普通の生活をしていては
除去できず、どんどん身体に溜まっています。

偏頭痛やアレルギー、冷え性や便秘など病気とまでは言えないいわゆる『未病』という症状も食生活によって改善できることがあります。

定期的にファスティングをすることでそれらの毒素を排出できます。

ファスティングの効果

ファスティング=ダイエット、そう思っている方が多いのではないでしょうか?
もちろん一定期間食べないことでダイエット効果がありますが、
ファスティングにはそれ以上の効果が期待できます。

ファスティングの効果

  • 体脂肪が落ち、ダイエット効果がある
  • 常にフル活動している胃腸を休めることができる
  • デトックス効果によりからだに溜まった毒素や老廃物を排出する
  • 美肌になる
  • 便秘が改善される
  • 頭がスッキリして集中力や感覚が高まる
  • 味覚が敏感になる

ファスティングのやり方

ファスティングにはさまざまなやり方があります。

半日ファスティング
1日食べないことが難しい方は1日3食のうち、1食〜2食の食事を摂らない

週末ファスティング
平日はいつもどおりに食事をして、金曜日に『準備食』、土曜日に固形物を抜いて酵素や酵母ドリンク、ジュースクレンズなどで栄養を補います。日曜日から『回復食』を食べます。

数日のファスティング
3日以上ファスティングをする場合は、固形物を抜くファスティングの日数と同じ日数で『準備食』と『回復食』を食べます。
例:3日間ファスティングをする場合
3日前から『準備食』→3日間『ファスティング』→ファスティング後3日間『回復食』が理想です。

『準備食』→『ファスティング』→『回復食』で気をつけること

準備食って何?

準備食はファスティングに向けて身体を慣らすためのものです。
今までどおりの食事をしていて急にファスティングをしてしまうと、さまざまな症状が出やすくなったり、効果が出にくくなります。
和食を中心とした野菜や豆類、きのこやお米などを食べて、前日はおかゆや具なし味噌汁などがおすすめです。

ファスティング開始!

ファスティング中は固形物を食べないことはもちろん、
他にも注意すべきことがあります。

水を1日最低2リットル飲む
筋力が低下しやすいため適度な運動を取り入れる
栄養補給の酵素などは、添加物が入っているものもあるので良質なものを摂り入れる

禁止事項

ファスティング中には避けるべきことはこちらです。

カフェインの摂取
薬の服用
激しい運動
アルコールの摂取

好転反応

ファスティング中は『好転反応』が起こります。

頭痛
体のだるさ
眠気
下痢
肌荒れ

実は好転反応は身体にいいものなんです。
体の毒素や老廃を排出している過程で好転反応はでます。
強く出てる人ほど今までの食生活が乱れている可能性があります。
1〜2日で収まるので頑張って耐えましょう!

回復食が一番大切

ファスティング期が終わり、『ようやく食べ物が食べれる!』
そう思って食べたいものをそのまま食べたらダメですよ!

ファスティング後は吸収能力がとても高くなっているため、
この回復食で何を食べるかで、ファスティングが成功するか失敗するかが決まります

一発目の食事でJUNのおすすめは『スッキリ大根』です。

そのあとは『ま•ご•わ•や•さ•し•い』の食材を選びます。

ま:豆類(大豆、納豆、豆腐、味噌など)
ご:ごま
わ:ワカメ(海藻類)
や:野菜(果物も)
さ:魚(ファスティング後すぐは避けた方がよい)
し;しいたけ(きのこ類)
い:いも(いも類や穀物類)

また普通のお野菜には農薬や化学肥料が使われているため、
こだわれるならオーガニックのものを選ぶのがベストです。

最後に

ファスティングは1回やったら終わりということではなく
定期的にするのがおすすめです。
数を重ねると好転反応もでなくなり、デトックス効果はもちろん
体質から痩せ体質を目指せます。
現代の食事では身体に良くないものを避けることは難しいです。
入れてしまったものは出す』これを習慣化することができたら
心も身体もスッキリとした日々を過ごせるのではないでしょうか?

ファスティングを取り入れた生活、
ぜひ楽しんでみてくださいね!!!

もっと食の安全や農薬不使用•化学肥料不使用の野菜のことを
知りたい方は、現在メルマガを作成予定です!

しばらくお待ちください。

ぜひお楽しみに!

-ファスティング

Copyright© JUNLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.